headcopy
headcopy
headcopy
初心者大歓迎!
治療テクニックが学べる
バイト説明会
~週末セミナー講師で稼ぐ&スキルアップ~

もしあなたが…

そう思っているなら、ぜひ続きを読んで欲しい。なぜならこの手紙は、そんな野心家で意識の高いPTにぴったりな、失敗しないキャリアを身につける方法を紹介しているからである。

From:藤井翔悟

今から7年前、二人の男がいました。二人は同じ経験年数で仲良し。出身校も同じ。彼らはよく似ていて、二人とも患者さん思い。PTとしてのキャリアや将来の希望に満ち溢れ、情熱的な夢に満ちていました。

最近、二人は同窓会で再開しました。

二人は相変わらず良く似ていました。二人とも幸せな結婚をしていました。また、二人とも3人の子供がいました。二人PTとして活動していました。

しかし違いもありました。1人は病院勤務の平凡なスタッフ。給与も安く昇給もありません、、、生活に余裕はなく、行きたいセミナーにも行けない。しかし、もう1人は社長でした。金銭的にも時間的にも余裕があり、まさに成功者でした。

何が違いを生んだのか?

きみはこれまで、PTとしてキャリアを積んでいく上で、何がこのような違いを生むのか考えたことがあるだろうか?その違いは偏差値の高さでも才能でもありません。片方が出世を望み、もう片方が出世を望まなかったわけでもありません。

その違いは、「病院に依存しない治療技術」を持っていたかどうか。

そしてこれこそが僕が今この文章を書いている理由であり、このバイトの存在理由なのです。このバイトは病院・施設に依存しない治療技術と知識、マインドセットを提供するのが目的です。

なぜ、20代こそ治療技術を
身につけるべきなのか?

理学療法士の平均年収
引用:転職Hacks

もちろんその理由はいろいろあります。しかし、最も簡潔にその理由を表現するなら、「病院で習う知識・技術だけでは社会に通用しない」ということです。あくまで臨床をこなすための知識と臨床で、何にも依存せずに生きていくためのスキルは全く異なるのです。

確かにMMTやROMなどの基本、解剖学・生理学の知識は必要です。しかし、僕たちはそれでけのスキルではまったく社会では通用しないことを知っています。そして、PTには衝撃ですが、理学療法士の生涯年収は中卒のサラリーマンと同じくらいです。*厚生労働省調べ

ですが、僕は確かな治療技術をもっていたので、病院の中では圧倒的な立場を築き、独立・開業し、病院に依存せずに一人でも食っていけたのです。

医師からの推薦

image
アメリカ合衆国医師
Dr.Naoto Hashimotoより
彼のような理学療法士は
日本に必要だ
自由診療の導入は日本だけでなくアメリカでも必要なこと。
保険診療だけでは選択できる医療は提供できない。
私も自費での診療を導入している。
image
大西 誠一 医師より
「疼痛誘発動作の驚くべき効果。
そして、患者さんへの説得力」
一般的な整形外科の範囲では説明のつかない痛み筋膜の概念を知った途端に説明がつくようになった。
患者さんへの説得力。全然違いますね。まず疼痛を出す、例えば腰部の回旋だったら痛いとか。そして大臀筋を疼痛誘発動作かけると痛くない。患者さんがすごく納得されるんですね。
今まではレントゲン見せて『椎間板がすり減ってる』とか『滑りがある』とか、模型使って説明もするんですけど、患者さんは『はぁ…』と。
やっぱり実体験として楽になっているというのをインプットできるので、患者さんにとっても嬉しいと思うんですよ。実感として『ここが悪い』と分かるわけですから。
image
医学博士ペインクリニック学会認定医
岡野 隆利 医師より
「診断のスキルにおいては、
従来の診断学の教科書より
”もう一段階練り込まれている”
と実感しました…」
診断の技術的なものは、従来の診断学の教科書に書いてあるものに比べたら、一段階練りこまれたものだなと。具体的には疼痛誘発動作という、動きで見ましょうっていうのは非常に納得のいくところが多かったです。自分が求めていたものはこれでした。
自分の治療の体系の中に入れさせてもらって、治療の効率が上がっているなという部分は感じています。具体的には殿筋や腰方形筋の評価、筋肉をゆるめる方法の総論などを取り入れさせていただいて、神経ブロックの後の治療に使わせていただいています。
image
鳥居 裕一郎 医師より
「これは僕のやりたいことが
入っている」
筋膜と経絡との関係を医学的に解明。これは本当に約に立つんだとセミナーに参加してさらに実感。
患者さまも疼痛誘発動作には本当にびっくりしています。現状の診療に組み合わせることで相乗効果を生んでいます。

やりがいだけでは食っていけない

さらに衝撃なのが、PTで病院に就職しても昇給はほとんどないこと。上司は治療に対する情熱は冷めきっているし、努力しても認められない。同僚は「どうせ給料あがらんから、サボったほうがマシ」なんて言い出す。そのくせ態度だけ偉そう。

それに嫌気をさして3年以内に転職する人が全体の33%以上。これはかなり高い確率。3人に1人が最初に職場選びを間違えて転職する。これを読んでいるあなたもそうなる可能性が高い。他人事ではないのだ。

しかし、もっと残酷なのはここから、、、職場に嫌気がして転職してもたいして何も変わらない、、、むしろ転職すると評価・立場は下がる。。。それは減給を意味する。そこで初めて保険診療の仕組みに依存している自分に気づくのである…

病院に依存しない
スキルを身につける

僕は今年で30歳になるが、臨床1年目から自分に投資していたことに、当時の自分に死ぬほど感謝している。

なぜなら、男性は、平均して29歳で結婚。1年後に子供ができ、その1年後にマイホームを購入する。こうなってからでは自分に投資する時間を捻出するのが物理的に難しい。だから20代のうちは遊んでばかりではダメ。人生のうちで最も仕事に集中できるのが、20代なのだ。

そして、成功する少数に入りたいなら、周囲と違うことをしないといけない。まずはどこにでも通用する治療技術を身につけること。そして、自分の”市場価値”を高めること。つまり、市場価値の高い治療技術を身につければあなたは何に依存しなくても生きていける。

メディアに出演

image
政治家 エリカ テルプストラ
オランダTV出演
藤井翔悟の治療を体験してもらいました。
弊社の日本での取り組みを対談し、お褒めの言葉をいただきました。
image
アメリカ メディア
Airbnb出演
西洋医学では改善できない難治性疼痛について取材をしていただきました。

20代こそ勉強すべき

そして、PTとして病院勤務、独立開業、会社設立までを経験してきた僕からのアドバイスは、20代のうちから自分に投資し実力をつけること。20代のうちこそ勉強し、技術を身に着け、自分の市場価値を高める。職場選びをするときは、給与や休みの多さでは選んではいけない。

なんの変化もない一生安泰な職場を選ぶのでのはなく、「実力がつく場所」を選ぶこと。そして自分に何が向いているのか?自分の強みは?PTにはどんな仕事があるのか?などを学び自分が最も活躍でき、医療人として社会に貢献できる職場を選ぶのがよい。

病院依存の末路

image
AIの登場で仕事がなくなる…

そうする事によってその後の人生の選択肢が増えるし、実務スキル、専門スキルがあれば、病院に依存せず自立することもできる。つまり、人生の選択肢が増えるのだ。

もし、あなたが病院に依存してしまうと、どんなに嫌いな仕事でもそこから抜けられなくなる。そして病院が潰れたら、同時にあなたの人生も潰れる。今は想像もつかないかもしれないが、きっとあなたも結婚して家庭を持つだろう。

子供もできるだろう。そのような状態になったら、病院依存状態では、ほぼ絶対に抜けられないと言っても過言ではない。だから、どこでも通用する治療技術が必要なのだ。

ここで、20代で成長意識の高いあなたに最高の提案をする。うちでバイトをして技術を身に着けないか?しかもお金を稼ぎながら…

実際に働いている人の感想

松田 圭太
理学療法士
前野 真一郎
理学療法士
山野井 孝志
柔道整復師
長村 充
理学療法士
安部 元隆
理学療法士
宮城 智哉
理学療法士

このバイトが
きみに役立つ5つの理由

image

1、ともに戦える刺激的な仲間

一生かけて、同じチームで
いることが誇れる
あなたの環境、周りにいる人が
あなたの将来を決める
image

2、死ぬほど成長できる環境

個人の成長なしに、
このミッションは果たせない
成長できることが
めっちゃ楽しい。
image

3、努力が認められる

医療業界にはない、
全く新しい人事評価システム
頑張っている人が
認められる環境
image

4、自由なワークスタイル
 

働く場所が管理されず、
自分の意思で決める
image

5、ほかじゃ経験できない、
崇高な仕事

患者さんと医療の発展に貢献する、やりがいあふれる仕事
photo

1、ともに戦える刺激的な仲間

一生かけて、同じチームでいることが誇れる
あなたの環境、周りにいる人があなたの将来を決める

例えば、僕は病院時代、上司や同僚が「サボる」ことばかり考え、給料が安いことへの愚痴や合わない患者への悪口ばかりを言っていた。負の影響しか与えない仲間に囲まれているのは最悪ではないだろうか?17時に帰ることばかり考え、自分の成長を望まない仲間とともに成長できるだろうか。

うちの場合、全くそんなことはない。みな、「変わりたい」「成長したい」と思いながら、日々、自己鍛錬に勤しんでいる。毎日キラキラしながら、この集団で成せる最高の結果を出すべく、毎日、戦っているのだ。

そして、仕事が大好きだ。

こんなメンバーに所属するとどうだろう。あなたの人生において、最高の時間を、この集団で得ることができる。大半の病院などの組織は、社員はモチベーションが低い。理由はいろいろあるだろうが、がんばっても評価されず、年功序列が優先、とか、管理されまくって嫌とか、いろいろあるだろう。果たしてそんな人生でいいのだろうか?何度も言うように仕事の時間は人生のほとんどの時間だ。休日しか楽しみがない、というのでは腐ってると思わないか。

どんな組織でもそうだが、先輩を見れば、自分の将来が見える。5年後の自分を見たければ、5年先輩の姿を見れば見える。10年後の自分を見たければ、10年先輩の姿を見ればわかる。

先輩を見て、「楽しそうだな、充実してそうだな」と思えるか、「あーはなりたくない」と思うか、これはとても重要なポイントだ。ちなみに僕は病院の上司をみて、「あーなるなら、辞めよう」と思って、独立した。

このバイトは最高の仲間に出会える場なのである。

photo

2、死ぬほど成長できる環境

個人の成長なしに、このミッションは果たせない
成長できることがめっちゃ楽しい。

うちの会社は普通のセラピストでは絶対に経験できない、多様な研修制度を準備しています。僕たちは特別な存在です。普通のセラピストが普通に勉強している内容とは圧倒的にアクセスできる人脈とリソースが違います。

従業員一人あたりの研修費用も高く、大きな金額を会社がサポートしてくれます。僕たちは、特別な訓練を受けて、特別なミッションを遂行するチームなのです。自己成長したい人。毎年毎年、自分のやっている仕事がグレードアップし、ステージをあげたい人。普通の病院勤務では絶対に経験できない特別な自分になりたい人には最高の環境です。

しかし、成長意欲・学習意欲・貪欲さ、がない人には向いていません。周りの成長スピードが早いので主体的に自己成長できないとあっという間に居場所がなくなりますし、周りからは相手にもされません、、、

過去の研修制度や学会発表の実績を紹介します。

image

・超音波画像診断装置を使用した
臨床研究

日本で最先端の高価な医療機器を会社で購入し、臨床研究を展開しています。今のところ専門分野は「Fascia(筋膜)と疼痛」を中心にしています。将来的にこれ以外の研究も行いたいと思っています。より高度な研究を行うために、専門家の意見を積極的に取り入れます。今後も必要があればどんどん取り入れます。

image

・医師、大学教授との論文執筆 
英論文も作成

大学教授、博士号を持つ医師にご縁をいただき、論文のフィードバックをいただけます。権威ある雑誌や海外のジャーナル掲載を目指しています。


・単価1万円以上の施術 著名人・有名人

個人名は出せませんが誰もが知っている有名人や著名人から施術の依頼があります。社長・医師・議員など、影響力を与える人の健康に僕たちのスキルが貢献できます。

image

・医師学会での発表(海外発表も予定)

学会に参加するにも多くの人脈や推薦が必要になります。医師学会となればなおさらです。毎年2~3回は国内外を含めて学会発表ができるように取り組んでいます。


・整形外科医、ペインクリニック内科医との臨床

医師と共に臨床研究について議論したり、fasciaリリースについての知見を目の前の患者さんで情報共有します。僕の病院勤務時代は医師と対等に患者さんに対して意見を言うことはできませんでした。しかし、弊社の人脈としてはそういった医師と仕事をする機会があります。こんな医師に出会えるのは日本でもここだけではないでしょうか?

image

・アメリカを中心とした、海外の
マーケティングサミットに参加
(通訳同伴)

毎年、ロサンゼルスやクリーブランドに7日間ほど滞在。本場のマーケティングと広告作成のスキルを学びます。「学ぶなら一流から」がコンセプトなので、世界中どこにでも学びにいきます。

image

・台湾で「ミッション・人生」を学ぶ

生きるとは何か?人生とは何か?貢献とはなにか?5,000年以上の歴史を誇る学問を中国の師に学びます。海外の官僚、政府関連の役人が学ぶ内容で、非常に価値のあるものです。

image

・ハワイ研修

ハワイで大企業が集めるプライベートサミットに参加。年商10億円規模の経営者と共に事業展開を学びました。

image

・淡路島で研修

幹部のメンバーが中心となり、今年度の振り返りと来年度の抱負を語りました。日本一の温泉がある宿に泊まり、ゆっくりと会社の将来について語り合いました。

image

・デイサービスでの研修

機能改善が見込みにくいPDやCVA後遺症などの患者さんを担当。慢性期のステージに徒手療法で介入させていただきました。施設のスタッフさんと共に患者さんにとって、もっとよい治療が提供できないか、議論させていただいております。

image

・ボランティア活動

医療の選択が少ない村町にで向かわせていただき、私達の徒手療法を提供させていただきます。痛み治療の新しい選択肢になれるように、実際に患者さんに治療をさせていただいております。

image

・医療機関での診療補助

医師とともに難治性疼痛について議論。西洋医学と代替医療の観点を合わせてよりよい治療を提供できるようようにお互いが協力して治療を提供。

…ざっと、こんな感じですがいかがでしょうか?

普通の病院や接骨院、整体院では絶対に学べない内容と見れない景色が見えます。僕たちが成長する限り、新しい環境と人脈、師との出会いが待ち受けています。これがわくわくしてたまらない!

photo

3、努力が認められる

医療業界にはない、全く新しい人事評価システム
頑張っている人が認められる環境

20年も臨床経験があるのにやっている治療内容は新人と同じ。5時ダッシュが得意技、、、

いっぽう、新人でも、セミナーに行きまくり書籍を読み漁り、結果を出しまくっても誰にも認められない。むしろ新しいことをガンガンやるから居場所がなくなり冷たい目で見られる・・・。

…これは駄目だと思う。

意欲がなくて腐ってしまって、給料とボーナスの愚痴ばっかり言って「どうやってサボる」かばかり考えている人には年功序列の制度はあっている。でも、成長したくて実力をつけたい人には墓場みたいなもんで、仕事が楽しくない。充実感がない。これは人生におけるとんでもない損失である。

そして僕は医療業界のこの文化が嫌いだった。自分で会社をやるなら頑張った人がどんどん給与があがり、認められるべきだという信念がある。これは、建前ではない。

だからうちは、よくある病院の年功序列じゃなく、実力主義。がんばって成果を出せば年齢に関係なく給与や報酬が与えられる。肩書き、役職も上がる。

なので、経験年数が高いほうが偉いだなんて文化はないし、新人でも頑張って成果を出せば認められ、報酬も高くなる。20年目のセラピストよりも新人のほうが給与が高いだなんてことも普通にある。事実、保険診療では昇給がほとんどない。例えば一般的な病院では給与upは年に1回。それも500円とか1000円とか、ほんの少しずつである。しかし、うちは違う。頑張れば給与の額が5倍以上違うだなんてことも普通に起こる。頑張った人を認めるべきだという文化があるのだ。

ちなみに、がんばってもがんばらなくても給与に差がつかない状態だと、自分が働いて稼いだという実感が持てず、サボるようになっていくのが人間というものだ。(僕も昔そうだった。)

photo

4、自由なワークスタイル

働く場所が管理されず、自分の意思で決める

普通の病院ではあり得ないが、うちは従業員の働く場所を管理してない。どういう事かというと、どこで仕事をしても自由ということだ。

日曜日は全国で講演会を開催している。だから全国を飛び回っている。しかし、その他は一切拘束されない。自由だ。

大半のメンバーは、午前中はスタバなどのカフェで仕事をして(もちろん会社が費用を負担する)午後は会社に出てきてミーティングや会議をしたり、、、的な仕事のやり方をしている。会社に出なくてもよい。成果さえ出せば自由。というのがうちの基本方針。おそらく、このような仕事のスタイルは病院とか接骨院ではありえない。施術は患者さんと日時を決めてやる。これも自由。

だからあなたが、将来、どこかの病院で働くことになっても、ウチと同じような自由さを求めるのは、多分、無理だろう。

会社は午後からミーティングをするためにみんな集まってくる。強制はしていないが、職場環境を工夫しているので集まってワイワイしたほうが楽しいし、仕事がはかどるみたいだ。

つまり、成果を出せば、どこで働いていようが、かまわない。というスタンスだ。(ただし逆に成果が出せないとどこで働いていようが、どれだけたくさん働いていようが、評価されない。自由にしない方が良いと判断される)

photo

5、ほかじゃ経験できない、崇高な仕事

患者さんと医療の発展に貢献する、やりがいあふれる仕事

うちの会社は日本のセラピストに希望を与え、患者と医療従事者の双方に貢献するために存在している。最高に充実感が得られる分、問われる社会的な責任もある。「西洋医学に見逃されてきた領域」を示すのはそんじゃそこらの実力では足りない。

でも、こんなにやりがいを感じる仕事は他にない。セラピストとして自分の名を歴史に刻むチャンスがある。僕らはこれに最高にワクワクしている。

会社のリソースを使って自由に大きく羽ばたくことができる。何が正しいかは時代が決める。真実と愛はいつも勝利を収める。その最先端にいるのが僕たちだ。

800名以上の医療従事者が参加するサミットを開催したり、セラピストの人生を左右する独立開業をサポートしたり、100名以上が参加する講習会で講師をしたり、、、医師が参加する学会で発表したり。医師と臨床研究したり、大学教授とコンタクトをとったり。

他じゃ絶対に経験できない崇高な仕事。
自己成長は絶対条件だが、”高み”で皆を導くのは最高にやりがいがある。

顧客にこんなに感謝され、影響力のある人物に影響を与える。「先生に出会えてよかった」と言われる。この体験をしてみて欲しい。一生をかけてやるべき価値のある仕事。社会に求められている仕事だと僕たちは信じている。

バイトの内容について

日本最高峰の治療技術が身につく
バイトの流れ

最初の3ヶ月であなたがやる仕事の内容はについて。まずは患者を治せるだけの治療技術を身に着けてもらう。セミナーのアシスタントとしてウチの研修に参加してもらい、受講生に指導しながら自らも技術を磨く。そしてセミナー講師としてデビューできる準備をしていく。教える側に回るわけだ。もちろん、セミナー開催の裏方として事務作業もやってもらう。そしてお客さんに直接合って、話を聞いてもらう。

治療技術がついてきたら、先輩の広告のアシスタント業務をやる。具体的には、うちで使っているソフトの使い方を覚えたり先輩のブログアップを補助したりさまざま。インターネットを使って集客する方法が、すごいレベルの高さで学べる。

それができるようになったら、次は集客の実務を少しずつ手伝うようになる。たとえばお客さん向けのメールを書くとか、広告文を書くとか。注意点として、ただ単にメール文や広告文と思ってあなどってはいけない。

実際にお客さんにあってリサーチして、何で悩んでいてどうなりたいのか?こういった部分をしっかりと調べてから作る。これができないとインターネットを使って受講生さんや患者さんを集客できない。一度作ったら、改善を繰り返して集客が最大化するまで繰り返す。パワーのいる業務だが、いつかは独立したい人には最高に向いているかも。ちなみに今、あなたが読んでいる長い文章も、リサーチしながら作っている。

そして、セミナー講師としてデビューしてもらい、ガンガンセミナー講師として活躍してもらう。セミナー講師は簡単なものではない。高い治療技術が身について、なおかつわかりやすく伝達でき、自分自身も高いスキルを身に着けておかねばならない。しかし、成長したい君には最高の仕事になると思う。こんな事をやっていれば、1年くらいはあっと言う間に過ぎてしまう。

きみの希望があれば、単価1万円以上での自費での施術を担当してもらう。症例を経験できるだけでなく、保険診療では絶対に経験できない、リピートトークや集客方法についても学んでもらう。ワクワクしてきた?

どんな治療技術が身につく?

整形内科領域の最先端医療
超音波画像診断装置を用いた筋膜リリース

整形内科学とは「手術によらない方法で疼痛、しびれ症状を改善させること」と考えます。弊社は日本でも珍しい運動器疼痛や難治性疼痛を筋膜を中心に徒手でアプローチします。その研修会を全国で年回1,000回近く開催しています。6万人近く動員してきました。オーストラリア、アメリカ、イギリスなどの会員も在籍します。筋膜の概念を日本医療に広く周知させ、患者さんの利益となり、選択できる医療体系を目指しています。

この会社はなにを目指しているのか?

具体的にどんな事業をしているのか?ウチのミッションは「西洋医学が見逃してきた領域を真摯に示しその有効性を世に問う」この名のもとに日本中から優秀な人材が集結している。

あなたはこの業界が偏っていることに気づいていると思う。確かに、西洋医学は救命医学であり、人口ピラミッドの構造を変えるほどのインパクトを現代医学にもたらした。しかし、同時に弊害も生み出した。老化による機能障害や慢性疾患への対応ができないし、研究も未発達分野がまだまだたくさんある。

それが世に浸透していない。患者は適切な情報が与えられないため、医療の選択ができない。医師は白衣の権威で社会的なパワーの象徴であるが、それは誰かが作った戦略で、海外に目を向けると、いかに我が国の医療が偏った志向をしているのかが理解できる。

僕たちの存在意義は現場で起こっている現象を真摯に追求し、その有効性を世に問うことである。世に問うとはマーケティングによって医療従事者の手に取れるようにし、臨床研究によって西洋医学の中に入っていくことである。僕たちの信じるものが、世に必要とされるかどうか問う。これはチャレンジだ。

未来は、「今、我々が何を為すか」にかかっている。
そう信じて事業を運営している。

さあ、エントリーしてみないか?

さて、ここまでいろいろ話したが、なぜぼくがこのようなオファーをするのかと言えば答えは簡単だ。ぼくの目的はきみような優秀な人をウチに入れることだ。そして、鍛えて実力をつけさせ、より大きな成果を上げることである。自分で言うのも何だが職場としても、仕事内容も、収入もやりがいも、非常に魅力的だと思う。

冒頭の二人のPTについて、もう一度思い出して欲しい。彼らはともに同じ大学を出て、ともに働き始めた。なぜ、彼らのキャリアは違ってしまったのか?

それは「病院に依存しない治療技術」を持っていたかどうか。

このバイトは決して誰にでも向いているとは言えない。しかし、このバイトがあなたの仕事人生をより豊かにし、面白く、役立つということは保証できる。これは20代のうちからできる、成功への投資である。

バイトでお金をもらいながら、最高の治療技術について学ぶ。そしてこの業界の第一線の人物から”生き方”を学べるのは悪い話ではないはず。

ぜひチャレンジして欲しい。
きみの応募を待っている。

応募方法は簡単。この下にある赤いボタンをクリックすれば、フォームが出てくる。そこに名前や連絡先などを記入して欲しい。質問もあるから、恐らく入力に10分20分はかかると思う。事前にきみの事を知るための質問だ。それが終わったら、まずは説明会に来て欲しい。そこでウチに合いそうであればOKで、具体的な仕事の説明をする。

募集条件

形態:
アルバイト
勤務地:
京都
業種:
セミナー講師 教育事業 広告事業
時給:
(事務)1,200円~
(講師)8,000円~
対象:
32歳以下のPT,OT,ST
柔道整復師 鍼灸師 医師 看護師 
その他国家資格保持者
勤務時間:
できれば週に1日以上は来て欲しい
昇給:
あり。半年間での仕事ぶりを見て
研修:
かなり豊富。
治療技術 プレゼンスキル 集客スキルが身につく
福利厚生:
交通費・宿泊費全額支給

説明会のイメージ

説明会のイメージ
説明会のイメージ
説明会のイメージ
説明会のイメージ
説明会のイメージ
説明会のイメージ

治療テクニックが
学べるバイト説明会
~週末セミナー講師で稼ぐ
&スキルアップ~

参加費無料
*会場費の2,050円だけ負担してください。
日程:
   7月17日(水)
   7月18日(木)
   7月19日(金)
   8月 9日(金)
   8月15日(木)
   8月16日(金)
   9月 6日(金)
   9月11日(水)
   9月12日(木)
   9月13日(金)
*すべて同じ内容です。
時間:
10時30分~18時
会場:
京都市内
*お申込者に詳細を案内します。

よくある質問

Q:どんな治療技術が身につきますか?
A:運動器疾患全般の徒手療法が身につきます。疼痛緩和がメインです。学校ではMMTやROMを勉強されると思いますが、それだけでは臨床では通用しません。弊社はNHK「ためしてガッテン」でも紹介された筋膜リリースを全国の理学療法士に伝達しています。また、運動器エコーを使用してFascia(筋膜)を研究しています。詳しくはこちらのサイトを御覧ください。
日本疼痛リハビリテーション協会
Q:バイトに合格すれば御社のセミナーを無料で受講できますか?
A:はい。可能です。別途規定がありますので、説明会で説明しますね。
Q:なぜ、こんなに募集条件がよいのですか?
A:一つはこの業界のレベルアップに貢献したいからです。本当に価値のある徒手療法をこれから臨床で活躍されるPTさんに伝えたいからです。もう一つはこのバイトに興味をもってくれた10人に1人ぐらいはウチの会社に興味を持ってくれると思ったからです。
Q:今の病院勤務のせいで応募できません。
A:うちの多くのバイトは、病院勤務と兼業で来ている。今の職場で不満を持ったまま悶々と過ごすのと、将来に向けた投資。どっちが大事だろうか?5年後10年後には、今やっている業務内容なんて、無意味になっているかもしれない。将来への備えをしたほうがいい。アリとキリギリスのように。でも副業とかの責任はとれないので、自己責任で応募してくれ。
Q:面白そうだけど、自信がない、、、
A:自信はいらない。将来変わりたいという気持ちを成長したい気持ちがあれば十分。僕も20代の頃に自分に自信なんてなかった。でも勇気を出して一歩踏み出してきたから今がある。本当に迷っているならあとは一歩を踏み出すのみ。
Q:社長の藤井翔悟はどんな人?
A:ここでブログを書いているので見てください。
Youtubeもやっています。うちがなんの会社かわからない人は見てください。
Q:応募後の流れを教えてください。
A:下のリンクの応募フォームを記入していただき、まず説明会に来てください。
企業説明会なのでスーツで参加して欲しい。
Q:遠方ですが、応募可能ですか?
A:どれだけ遠方であっても、きみが優秀とわかれば交通費・宿泊費全額負担で援助する。

会社概要

会社概要

株式会社 藤井翔悟事務所 Shogo fujii inc.

本社所在地

〒604-8172 京都市中京区烏丸通り三条上る場之町596 ハイツエスメラルダ709

事業内容

医療従事者への教育機関
医療従事者へのコンサルティング
医療従事者向け書籍・コンテンツ販売
整体院などの店舗経営

代表者

代表取締役社長 藤井翔悟

連絡先

従業員数

120名(アルバイト、アウトソーサー含む)
社長経歴:藤井翔悟
藤井翔悟
理学療法士。株)藤井翔悟 事務所。キャリアサクセス株式会社。2社の代表取締役社長。これまでに類を見ない長音波画像診断装置を使った徒手療法のstudyを展開し、学会発表と研究に意欲的に取り組む。
医師と連携し運動器画像を根拠にfasciaを中心に徒手治療アプローチを展開。安価でありながら高品質の治療内容を多くの患者様に提供。
海外MedicalDoctorに推薦をもらうほどの実力者。経営者としては登記3年目の若干29歳で年商10億を超える事業に成長させる。日本全国の医療従事者10万人に多大なる影響を与える。職業紹介事業を展開し、志高い医療従事者を全国の医療機関に紹介。
論文:
徒手療法前後での筋硬度の変化に対する超音波エラストグラフィを用いた定量的評価の試み
英論文:
Quantitative evaluation using ultrasonic elastography for the assessment of changes in muscular rigidity after manipulative therapy
Quantitative evaluation by using ultrasonic elastography for the muscular rigidity change by manipulative therapy
メディア出演など実績:
起業3年で年商10億円突破
日本の医療従事者向けの講習会 売上&動員数No1 *2018年現在
アメリカ整形外科医からの推薦
整形外科医などの医師5人からの推薦
Amazon医学部門1位
オランダテレビ局 「Media line」出演
米国テレビ局「Airbnb」出演
整形外科医学会 JOSKAS2017 in札幌 発表
日本疼痛学会 2018 in滋賀 発表予定
日本賃金学会 2018 モデル企業として採用

PS:講師,事務局,アシスタントで働いている人の感想

理学療法士 金井慈
理学療法士 林
柔道整復師 細井
理学療法士 江村
理学療法士 勝部
柔道整復師 野出
理学療法士 大塚
整体師 但馬
理学療法士 比嘉
理学療法士 和田
理学療法士 安田
理学療法士 柿沼
柔道整復師 轟
理学療法士 坂本
作業療法士 片柳
柔道整復師 矢野

治療テクニックが
学べるバイト説明会
~週末セミナー講師で稼ぐ
&スキルアップ~

参加費無料
*会場費の2,050円だけ負担してください。
日程:
   7月17日(水)
   7月18日(木)
   7月19日(金)
   8月 9日(金)
   8月15日(木)
   8月16日(金)
   9月 6日(金)
   9月11日(水)
   9月12日(木)
   9月13日(金)
*すべて同じ内容です。
時間:
10時30分~18時
会場:
京都市内
*お申込者に詳細を案内します。